事業経営者にとって資金繰りは重要な問題です。
運転資金や事業拡大のために急に資金が必要になっても十分な資金が手元に用意できるところは少ないのではないでしょうか。

しっかりした事業計画に基づいた計画的な資金であれば、公的融資や銀行からの融資を受けることを最初に考えるべきでしょう。
低い金利のことを考えただけでも公的融資や銀行の融資が有利であることは間違いありません。

ビジネスローンとは

「ビジネスローン」とは、事業資金の資金調達方法のひとつで、

(1)無担保
(2)第三者連帯保証不要
(3)融資までの決済が早い

という3つの特徴をもっています。
事業資金の調達方法としては、公的資金や銀行からの融資がまず考えられますが、これらの融資は中小企業や個人事業主の資金調達方法としては向いていないところがあります。
例えば決済まで日数がかかる、必要書類が多いといったところです。
こういった不便さを補い、より利便性を高めたスピード重視の中小の事業者向け、スモールビジネス向けのローンだと考えることができます。

事業の資金繰り

事業経営者にとって資金繰りは重要な問題です。
運転資金や事業拡大のために急に資金が必要になっても十分な資金が手元に用意できるところは少ないのではないでしょうか。

しっかりした事業計画に基づいた計画的な資金であれば、公的融資や銀行からの融資を受けることを最初に考えるべきでしょう。
低い金利のことを考えただけでも公的融資や銀行の融資が有利であることは間違いありません。

銀行や公的融資は時間がかかる

しかし、公的融資の手続きには時間がかかりますし、銀行の融資は審査の手続きが煩雑だという現実的な問題があります。
急ぎで事業資金を用意したいときには向きません。

急ぎの事業資金を用意したいときにはビジネスローンを上手に利用することを考えることをおすすめします。
審査から融資までが早いというところがビジネスローンの一番の利点です。
また、マイカーの自動車や住宅などの担保は必要ありません。無担保・保証人無しで借入れができるところも魅力です。

総量規制対象外

総量規制対象外だと、売り上げの3分の1までといった制限がありません。
また、税金の滞納などがあってもしっかりした事業計画書のがあれば融資の審査で有利になることもあるのです。

開業資金を借りるときに、公庫や商工会議所の制度や共同組合からの借入金制度から借金する方法もあるでしょう。
でも設定基準が大口向けだったり、特約があったりで緊急で短期の借入には向かないです。

事業の拡大や決算時にお急ぎの資金繰りなど、事業資金の借り入れは事サービス専用ローンビジネクストの「各種ローン」をご利用ください。
ビジネクストの「各種ローン」は、事業拡大・資金調達・つなぎ資金などに無担保・無保証で自由に借り入れできる個人事業主や中小企業をサポートするためのローンです。
上限額が1000万円なので、緊急の貸付を借り換えてまとめるのにもグッドですね。
シュミレーションを上手に使うことでつなぎ融資の借り換えの試算のマネーアドバイザーとしての役割も期待できます。

金利がデメリット

その一方で、金利が高いというデメリットもあります。
これは、担保不要・保証人不要の理由が保証会社の保証をもらっているためです。
保証料が融資利率に含まれているから金利が高い、と考えるとわかりやすいです。

でも、計画的な借入れにして、返済期間を長くすることでこのデメリットを、キャッシュフローの改善・安定化というようにすることも可能なのです。

また、法人・個人事業主向けのビジネスローンは総量規制対象外となっているところが多いです。
確定申告書や事業計画書を提出し、事業資金としての利用が目的であることが確かであれば、総量規制の例外規定に該当するのです。

銀行からの事業資金の借入れは確かに金利が魅力です。
でも収支決算書や課税申告書、確定申告書などの事業内容から審査が行われます。
しかも、煩雑な要求をしてきたあげく「本社の決済がおりませんでした」のひと言で片付けられてしまう可能性も高いのです。

これに対して、ビジネスローンの中には、金額によっては決算書不要で借りられるところもあるのです。