Q:消費者金融は法人でも借りられるでしょうか?

消費者金融は法人でも借りられるでしょうか?

アコムをはじめとした消費者金融は、法人でも借りられるのでしょうか?
結論からいえば法人格で消費者金融からお金を借りることはできません
個人事業主であれば、代表者個人への貸付として利用できる場合もあります。
原則的にアコムなど消費者金融の貸付は、生計費を対象としており、事業性資金の貸付は想定していないのです。
とはいえ、実際のところは法人の代表者が個人的にアコムなどからお金を借りて、それを自分の事業に使っている場合があります。
私も実際、資金が厳しい時代にその方法を考えました。
周囲で実際に実行している仲間もいたものですから……。
こうなると、生計費の貸付も事業資金の貸付も境目がなくなってきます。

注意すること

注意すること

ただし、一点だけ注意が必要です。
それは「総量規制」。
こっそりと事業用途に使う場合であっても、法人の代表者自身が個人として借りていれば、総量規制の対象となります。
これは個人事業主が個人として借りる場合も同様です。
そのため、他社借り入れがあったり、事業の成績が悪かったりする場合には、与信が低いと判断されるので必要なだけの融資を受けることは難しいです。
そうなると、総量規制の対象とならない借り方が重要になってきます。
総量規制の対象とならない借り方、それは「事業性資金」として借りることです。

事業資金として審査を受けるには

事業資金として審査を受けるには

消費者金融ではビジネスローンとして認められるための要件があります。
それは「事業性資金であることを証明する」ことです。
個人事業主や法人の代表者からの申し込みは、「事業性資金」として借り入れできることがあります。
ただし、個人用キャッシングと同様の本人審査に加えて、ビジネスローン特有の書類も必要です。
具体的に説明すると、以下のような書類が必要です。

法人の場合

・本人確認書類
・登記事項証明書
・決算書(原則として直近2期分)

個人事業主の場合

・本人確認書類
・確定申告書(原則として直近2期分)

個人事業主ならアコムの「ビジネスサポートカードローン」がオススメ

個人事業主ならアコムの「ビジネスサポートカードローン」がオススメ

アコムには個人事業主向けのビジネスローンとして、「ビジネスサポートカードローン」もあります。
このビジネスサポートカードローンを使えば、個人としての融資では総量規制の制限にかかりそうでも、追加融資が可能になるのです。
法人の代表者となってしまった今の私では対象外ですが、個人事業主時代にこれを知っていれば……と、いまさらながら思いますね。
それくらいアコムのビジネスサポートカードローンは利便性が高いです。
例えば、アコムの個人向けキャッシングで50万円を借り入れている場合、総量規制に引っかかったとしましょう。
つまり、年収が150万円で、総量規制の上限とされる「年収の3分の1」が50万円、というわけです。
この場合に、事業資金としてアコムのビジネスサポートローンの利用を申し込めば、条件さえそろえば最大300万円まで利用枠が拡大される可能性があるのです。
そしてアコムでは個人の借入れからビジネスサポートカードローンへの切り替えが可能としています。
これは実質的な与信枠の拡大ができるということになりますね。
利用方法は、個人で利用するのと同じで、自動契約機「むじんくん」やアコム店頭でカードを受け取ることができます。

審査に必要な書類

審査に必要書類

資金繰りがキビしいスモールビジネスの経営者には心強い味方のアコムですが、必要書類も多くなります。
やはり「事業資金」であることを認めてもらうためにはそれなりの書類が必要になってくるということです。
では気になる必要書類について説明しておきましょう。
必要書類は以下の通りです。

個人事業主がビジネスサポートカードローンに申し込む際に必要な書類
・本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)
・直近1期分の「確定申告書B(第一表)(写し)」
・直近1期分の青色申告決算書もしく収支内訳の写し(青色申告、白色申告に合わせて選択)

ここでポイントとなるのは、アコムのビジネスサポートカードローンは、「1期分」の書類で審査が可能ということ。
つまり1年以上事業を継続しており、なおかつ確定申告を行っていれば、最大300万円の与信枠を獲得できる可能性があるということです。
アコムでは個人の借入れからビジネスサポートカードローンへの切り替えが可能としています。
つまり、アコムに個人として申し込んだ後、ビジネスサポートカードローンに切り替えることができるわけです。
ビジネスローンの多くが2期分以上の確定申告書を要求してくる中、大手消費者金融のアコムは1期分とは、かなり驚きました。
それだけ事業用途での資金需要が多いということなのでしょうね。
他社の法人カードなどで支払いサイクルを伸ばしつつ、アコムのビジネスサポートカードローンで資金調達を行えば、キャッシュフローの大幅な改善が可能になりますよね。
開業間もない個人事業主にとっては非常に強い味方となりそうな、アコムの「ビジネスサポートカードローン」。
私も最近まで存在を知りませんでした。
個人事業主の方で、2期未満の事業歴の方にとっては、ベストな選択のひとつになり得るでしょうね。

まとめ

①消費者金融の貸付は事業用途であっても認められる場合がある
②事業性資金であることの証明書類が必要
③アコムの個人事業主向けローンなら1期経過後から借り入れが可能

個人事業主・法人経営者の土日祝祭日の資金調達はコチラ


プロミス即日キャッシング プロミス
プロミス即日キャッシング 実質年率:4.5~17.8%
利用限度額:限度額500万円
融資:22時までに契約完了で最短1時間借入可能!個人事業主の方であれば融資可能!
特徴:三井住友銀行かジャパンネット銀行を使っている人にオススメ!平日土日祝日でも24時間振込可能な瞬フリ!来店不要!
メアド登録とWeb明細利用で30日間無利息!
スマホからWEB契約可能!必要書類の提出もメールでOK!来店不要!
<土日14時過ぎでもその日に借りれる>
    急ぎの借り入れは店舗数の多いプロミスがオススメです!ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機に行って、22時までに契約完了すればその場で借りられます。WEB契約なら最短1時間融資も可能!
<平日に即日借りたい場合>
     土日と同じく、22時までに契約完了すれば、平日でもそのまま借り入れ可能です!
※自動契約機でカードを受け取れば、基本的に自宅に郵送物は届きません!
<自動契約機とは?>
    自動契約機とは、プロミスの店舗や三井住友銀行のATMの隣にある小さなボックススペースのことです。22時(一部21時)まで利用可能!
プロミスの即日融資

プロミスの公式サイトはコチラ


アコムの即日キャッシング アコム

実質年率: 3.0~18.0%
利用限度額: 1万円~800万円
融資: 土日もネットで契約まで可能!
特徴: はじめての方なら最大30日間金利0円!

最短30分で審査回答!さらに最短1時間振込みも可能!
いつでも返せて、利息は利用した日数分だけ!
ネットで24時間お申込みOK。
むじんくん(自動契約機)に行けば22:00までその場でカード発行!即借りられる!
楽天銀行に口座を持っている人に特にオススメで、24時間365日振込みが反映されます。

 

アコムの即日キャッシング

アコムの公式サイトはコチラ


モビットの即日ビジネスローンモビット

ビジネスローン即日モビット

実質年率: 3.0~18.0%
利用限度額: 限度額800万円
融資: 24時間365日OK!
特徴: 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座があれば申込から利用までネットのみ!電話・郵送なし!資金の使い道自由!

電話連絡なし・郵送物なし!
WEB完結申し込みなら、ご利用開始までがスピーディー!
ネットで24時間お申込みOK。
返済は全国のコンビニATMからも可能!
振込みキャッシングの審査お手続き後、お客様の銀行口座へお振込み!
※申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

 

ビジネスローン即日モビット

モビットの公式サイトはコチラ