ビジネスローンとは

ビジネスローンとは、個人事業主や法人の代表者を対象とした、事業性資金の貸付を行う金融商品のことです。
個人を対象にした融資を受けたことのある方はわかると思いますが、金融会社から融資を受ける場合、勤務場所か勤続年数、給与明細などが必要になりますよね。
個人事業主や法人の代表者の場合、このような個人向けキャッシングとは内容のことなる審査を受けることになります。
また、個人事業主や法人の代表者では、個人向けキャッシングに申し込むこと自体ができないことも多々あるのです。
これは、個人事業主や法人の代表者が「事業に必要な資金」を必要としていることが理由です。
個人向けキャッシングでは、事業資金としての融資を認めていない場合があるのです。
基本的には、日常生活で必要なお金に対して融資することを前提にしているわけです。
ビジネスローンの3つの特徴ビジネスローンとは

ビジネスローンは総量規制対象外

ビジネスローンは総量規制対象外

ところで、「事業性資金は対象外」といった表記をみたことがありませんか?
ビジネスローンは、このように個人向けキャッシングではカバーしていない、比較的大口の事業性資金需要を満たすために提供されるサービス。
私のような中小企業経営者や個人事業主の強い味方なのです。

ビジネスローンの特徴やメリット

ビジネスローンの特徴やメリット・デメリット

ではビジネスローンの特徴やメリット・デメリットなどを紹介します。
まず、ビジネスローンは原則として「総量規制の対象外」です。
総量規制は「個人向けの貸付け」のみを規制するものであって、法人向けの貸付けや個人への事業用資金の貸付けは、一定の条件を満たすことで総量規制の対象になりません。
つまり、代表者個人がすでに個人的な貸付けを受けていたとしても、申し込みや審査、融資が可能になってきます。
さらに、ビジネスローンの中には、無担保・無保証といった条件での融資が可能な商品が数多く存在しているのです。
事業用資金と聞いただけで、車や不動産のような担保、保証人などが必要と勘違いしがちですが、そこまで厳しいものはどちらかといえば少数派。
ただし、法人格を取得していれば、法人の連帯保証人という形で代表者個人が連帯保証をするケースが多いですね。
実際私も、自分の会社の連帯保証人になっていますし。
また、審査や融資までのスピードが速いことも特徴。
審査に必要な書類は個人向けキャッシングよりも多くなるものの、一度しっかり揃えてしまえば迅速に対応してくれます。
中には即日審査、即日融資をうたっている金融会社もあるほど。
このあたりは、我々経営者の資金需要になるべく柔軟に応えようという姿勢がみえてきますね。

ビジネスローンのデメリット

ビジネスローンのデメリット

しかしながら、デメリットもあることは事実です。
代表的なところでは金利の高さ。
銀行融資や公的融資よりも利率が高く、10%台に設定されているものが少なくありません。
ただし、この金利については、考え方次第という側面があります。
ビジネスローンを提供する金融会社は、銀行や公的機関よりも柔軟かつスピーディーな審査、融資を行うわけですから、それなりのリスクが発生しますよね。
金利はそのリスクをカバーする保証料のようなもの、と理解できます。
金利が多少高く設定されていても、事業が傾いて収益力が低下するよりは圧倒的に有利になりますし、急場をしのいで事業を軌道に乗せてしまえば、金利は十分に支払っていけるでしょう。
また、事業に関する融資にかかる金利は「支払利息」として経費計上が可能です。
元金自体は負債なので経費計上できないものの、金利は経費計上できるとなれば確定申告時に節税効果を狙えますよね。
金利の高さも経費にすることによってある程度は相殺可能です。
ビジネスローンは「転ばぬ先の杖」です。
できるだけ余裕あるうちに利用すれば、キャッシュフローはより強固になります。
事業の拡大や利益率アップに貢献できるような使い方を心がけていきましょう。

まとめ

①ビジネスローンは総量規制対象外。
②ビジネスローンは金利が高い。
③ビジネスローンは審査が早い。
④高金利であっても経費処理によってある程度の相殺が見込める。